悩める一重の男子よ、
埋没法で二重に整形してサクッと人生を変えよう!
30代男が埋没法で二重に整形した経過をすべて公開!
SB(整形boy)の独り言

「整形して失敗したら・・・」と悩むあなたへ

整形して失敗したらと悩むあなたへ

ウホホッ、SB(整形ボーイ@seikeiboy)です。

美容整形をしたいと思っているあなたには、様々な「不安」や「悩み」があると思います。
ボクも悩みに悩み、なかなか勇気ある一歩を踏み出すことができませんでした。

大金かけて整形して、結果失敗とか最悪すぎる・・・」

すごく良く分かります。
ボクが整形前に、怖くて仕方なかったのは、「整形に失敗すること」でした。

この記事が、かつてのボクと同じ悩みを持つあなたの悩み解決の糸口となれば嬉しいです。

「整形に失敗したら・・・」と悩むあなたへ

かつてボクも「整形に失敗したら・・・」と、悩みまくった

不安の正体は、「脳の危機回避能力」

ボクは、かつて「整形失敗」が怖すぎて、なかなか整形に踏み出せなかった。
こんなに悩んで決心したのに、「結果、失敗だった・・・」なんて悲劇すぎて立ち直れないと思っていた。

試しに、「整形 失敗」でググって見ると、大量の検索がヒットする。
中には、思わず目を背けたくなるようなケースも・・・

もちろん、実際には失敗ケースよりもはるかに多くの成功ケースが存在している
それなのに、どうして失敗の方にばかり目がいき、こんなにも不安になってしまうのだろうか。

実は、人間の脳は「最悪の事態をいかに回避するか」ということが優先されようプログラミングされている。
いわゆる「危機回避能力」だ。
特に、視覚から得られる情報は脳に強いインパクトを与えるとされている。

つまりボクは、「不安解消」のためにググりまくり、無意識に「失敗症例」を脳にインプットし続けた結果、本能的に整形から逃げるように行動してしまう悪循環にハマっていたのだ。

 

心配性のあなたにこそ「埋没法」がオススメ

ボクは心配性だ。
しなくていいようなことまで心配し、なかなか新しいチャレンジができない性格だ。

これほどに悩んで、やっと整形することを決意した後も、やっぱり失敗が怖かった。
手術自体の失敗というよりも、「なんか期待してた二重と違う。しなければよかった。」となるのが怖かった。

そんなボクには、「埋没法」がピッタリだった。
なぜなら埋没法は、「元に戻すことができる」からだ。

この「埋没法」が存在していなくて、切開法一択であったなら、ボクは未だに一重のままだったかもしれない。
もしあなたがボクと同じような心配性の性格ならば、「気に入らなかったらリセットできる」埋没法をオススメする。

 

ボクが「埋没法」で手に入れた二重まぶた

ボクが一重だった頃
埋没法による整形手術を受ける前

二重になったボク(手術から7日目)
手術7日後の開眼時

ボクは「埋没法」による二重整形をして本当に良かったと思っている。
確かに、整形することに対してネガティブな発言をする人もいる。
でも、あなたの人生の主役は「あなた」だ。

あなたには自由に人生を歩む権利がある。
かつてのボクと同じように悩む一重男子が、明るい未来を掴む事を切に願っている。

それでは、今日はこの辺で。

 

 

本サイトの内容は、管理人であるSB(整形ボーイ)の実体験を基にしたものです。そのため、あくまで参考程度にお考えください。治療結果等には個人差がありますので、主治医と良くご相談されてください。